男性側解決事例③

  

有責配偶者であったにもかかわらず、慰謝料を大幅に減額して離婚が成立した事例

事案
依頼者の不貞行為が原因で婚姻関係が破綻していました。「不倫をしたのは間違いないが、そんなに多額の慰謝料は支払えない。何とか減額してもらって早く離婚したい。」ということで当事務所にご相談にみえました。

解決
当初より相手方は400万円の慰謝料とともに、財産分与についての金額も請求してきました。依頼者は、不貞行為自体は認めていたものの、支払可能額に上限があったため、こちらとしては、できる限り総額を減額できるような交渉姿勢を続けました。
その結果、財産分与については概ね適正な金額に抑えるとともに、慰謝料の金額を実質的に50万円のみに抑える形で離婚が成立しました。

解決のポイント
裁判になった場合、不貞の経緯などから、依頼者には相当多額な慰謝料の支払いが命じられる可能性がありました。そのような中、慰謝料を一般的な不貞行為の相場(150~200万円前後)と比べてもはるかに低い金額で合意が成立したという点で、大きな成功を納めた事例です。


その他の解決事例
【男性側事例①】財産分与、慰謝料の金額を大幅に減額させることに成功した事例
【男性側事例②】父親が親権を獲得した事例
【男性側事例④】虚偽のDV主張に基づく慰謝料の請求を退けることに成功した事例
【男性側事例⑤】不貞行為に及んだ妻と先に離婚を成立させた上で、慰謝料150万円を回収した事例

バナー等