女性側解決事例①

  

婚姻費用や養育費の支払いを拒否していた夫に、未払い婚姻費用の一括払いと養育費の継続的支払を認めさせた上で離婚をすることに成功した事例

事案
夫のモラハラを理由に離婚を希望されていましたが、夫が離婚に消極的でした。また、子がいるにもかかわらず、生活費の支払も一切ありませんでした。
「できるだけ早く離婚を成立させたいし、子どものためにも生活費や養育費の支払いは最低限してほしい。」ということでご相談にみえました。

解決
婚姻費用の未払いが続いていたため、受任後、速やかに離婚調停と婚姻費用分担請求調停を申し立てました。当初、夫は離婚に消極的であったものの、妻の思いを伝えたところ、離婚はやむを得ないと考えるに至りました。
しかし、依然として婚姻費用の支払には応じなかったため、審判を求め、最終的に依頼者の想定する婚姻費用を認めさせることができました。その上で、離婚協議を続けたところ、養育費の支払いも認めた上で離婚を成立させることに成功しました。

解決のポイント
離婚を拒否している夫に対しては、婚姻費用分担請求調停を申し立て、婚姻費用の支払を認めさせるのが効果的な場合があります。婚姻費用の支払が認められると、夫は離婚が成立するまで妻に生活費を支払わざるをえなくなるためです。この戦略は、夫が公務員や会社員である場合など、いわゆる「固い仕事」に就いている場合で、かつ夫との収入差が大きいほど効果が高いです。
本件は、当初は夫が離婚に消極的だったものの、婚姻費用の支払額が審判で確定した瞬間に離婚の方向で協議が進み、速やかに離婚を成立させることができたという点で大きな成功を納めた事例です。


その他の解決事例
【女性側事例②】別居期間が短く、法定の離婚原因も無かったにもかかわらず短期間でモラハラ夫と調停離婚を成立させることに成功した事例
【女性側事例③】有責配偶者(不貞)であるにもかかわらず、離婚が成立した事例
【女性側事例④】不貞行為の有責配偶者であった妻が、夫から財産分与として約600万円を取得することに成功した事例
【女性側事例⑤】夫から不貞とモラハラを受けた妻が、離婚訴訟まで行い、解決金1700万円と自動車を取得できた事例

バナー等