女性側解決事例⑤

  

夫から不貞とモラハラを受けた妻が離婚訴訟まで行い、解決金1700万円と自動車を取得できた事例

事案
夫は、不倫だけでなく、妻を無視する、「おばさんなのに洋服だけは若いね」といった侮辱的暴言を吐くなどのモラハラ的言動がありました。そのため、妻は、別居して夫に離婚を求めましたが、夫は離婚に応じようとしなかったため、財産分与や慰謝料などできる限りいい条件で離婚したいとの強い思いで、相談にみえました。

解決
妻が別居して離婚を求めると、離婚に応じようとしなかったため、離婚調停を申立てました。夫は、調停では、離婚は拒否しませんでしたが、財産分与や慰謝料の額で折り合いがつきませんでした。
夫の不貞の事実は証拠から明らかだったため、訴訟で進めることとし、財産分与や慰謝料について必要な立証をした結果、解決金として1700万円を受け取る、自動車の名義移転をする内容の和解離婚が成立しました。

解決のポイント
中途半端な内容で離婚せず、訴訟までしたのは、①妻が夫の不貞の証拠が十分収集していたこと、②夫にある程度の資産と安定収入があったこと、そして、③依頼者(妻)の決意と辛抱があったからです。
もちろん、早期に、訴訟まではせずにいい条件で離婚できることが望ましいといえますが、相手方があってのことですので、相手方の対応次第では長期化せざるをえないこともあり、その間依頼者のストレスは相当なものと思います。
本件では、夫婦にある程度の資産があったため、財産分与の額も大きくなりましたが、何より、依頼者(妻)本人が、十分な準備(証拠収集)を行うとともに、和解するまで長期間の紛争に耐えたからこそ、本人が納得いく結果を得ることができた成功事例だといえます。


その他の解決事例
【女性側事例①】婚姻費用や養育費の支払いを拒否していた夫に、未払い婚姻費用の一括払いと養育費の継続的支払を認めさせた上で離婚をすることに成功した事例
【女性側事例②】別居期間が短く、法定の離婚原因も無かったにもかかわらず短期間でモラハラ夫と調停離婚を成立させることに成功した事例
【女性側事例③】有責配偶者(不貞)であるにもかかわらず、離婚が成立した事例
【女性側事例④】不貞行為の有責配偶者であった妻が、夫から財産分与として約600万円を取得することに成功した事例

バナー等