女性側解決事例⑦

  

受任後約1か月で、財産分与や養育費の一括払いとして合計900万円の支払を夫に認めさせることに成功した事例

事案
夫から執拗に離婚を求められていたが、長年のモラハラもあり、話合いが困難な状況にありました。「このままでは夫に言われるがままに不利な内容で離婚に追い込まれてしまう。第三者に間に入っていただき、きちんと取れるものは取りたい。」そのような思いで相談にみえました。

解決
受任後、すぐに相手方である夫とやり取りを始めました。電話やメールで頻繁に夫とやり取りを行い、速やかに財産全体の開示を求め、相当な財産分与額を算出していきました。夫側に早く離婚に応じてもらいたい事情があったことも相まって、協議はスムーズに進み、約1か月の協議で、900万円を一括でお支払いただく形で離婚の合意が成立し、最終的に受任後1か月半で離婚に至りました。

解決のポイント
モラハラ夫が相手で当事者間では怖くて協議ができないという場合も、弁護士が間に入ることで協議がスムーズに進む場合が多々あります。また、本件では退職時期が間近に迫っており、具体的に退職金が支払われる時期が迫っていたということも好条件を引き出す要因となりました。
何より、本件は、当事者間での協議が困難であった中、1か月程度で高額な財産分与の支払を約束させることができたという点で成功を納めた事例です。


その他の解決事例
【女性側事例①】婚姻費用や養育費の支払いを拒否していた夫に、未払い婚姻費用の一括払いと養育費の継続的支払を認めさせた上で離婚をすることに成功した事例
【女性側事例②】別居期間が短く、法定の離婚原因も無かったにもかかわらず短期間でモラハラ夫と調停離婚を成立させることに成功した事例
【女性側事例③】有責配偶者(不貞)であるにもかかわらず、離婚が成立した事例
【女性側事例④】不貞行為の有責配偶者であった妻が、夫から財産分与として約600万円を取得することに成功した事例
【女性側事例⑤】夫から不貞とモラハラを受けた妻が、離婚訴訟まで行い、解決金1700万円と自動車を取得できた事例
【女性側事例⑥】協議で、不倫をした夫から慰謝料として150万円と、相場を上回る養育費の支払いを約束させることに成功した事例

バナー等

  1. 電話番号 0593515350

    平日 9:20~17:00 夜間・土日祝日応相談