離婚でお悩みの方へ

  

これを読んでくださっているあなたは、今、夫婦問題で本当にお悩みのことでしょう。
弁護士に相談することなど一生ないと思われていたでしょうに、このサイトまで来ていただいたのですから。

結婚は、通常、男女相互に信頼が築かれ、婚姻関係に至ります。
離婚はその逆です。夫婦の信頼が崩れて関係が破綻し、その結果、婚姻関係の解消(離婚)に至ります。
夫婦関係の破綻という点だけにフォーカスすれば、つまるところ男女間の心の問題ともいえますので、弁護士を含め、第三者が軽々に立ち入ることはできない領域かもしれません。

しかし、夫婦関係が破綻した結果、離婚するとなれば、もはや心の問題というだけでは済みません。
離婚するには、子の親権、養育費、夫婦間の財産分与など様々な法的問題をクリアする必要があるからです。
こうした様々な法的問題の解決をサポートする専門家が弁護士です。

離婚にはメリットとデメリットの両面があります。人は神様ではないので、離婚した方がいいのか、それともしない方がいいのか、真にどちらが正しいかは誰にも分かりません。強いて言えばあなた自身が決めるしかありません。

ただ、あなたが悩んだ末に離婚することを決断し、新しい人生の第一歩を踏み出そうとされるなら、そのときは、1つ1つ問題をクリアし、より良い離婚ができるようあなたをサポートいたします。

離婚は、過去の清算であるとともに、新しい人生の第一歩です。
その第一歩を確かなものとするため、弁護士に相談してみてください。

①離婚事件と弁護士

②離婚で弁護士をつけるべき理由・タイミング

③離婚協議で弁護士をつけるべき理由

④離婚調停で弁護士をつけるべき理由

⑤婚姻費用に関し弁護士をつけるべき理由

⑥今すぐ離婚したい方へ

バナー等