離婚でお悩みの方へ

  

離婚事件と弁護士

最高裁判所が開示している司法統計のデータによると、離婚の原因の上位5つは次のようなものです。
1位 性格が合わない    
2位 生活費を渡さない  
3位 精神的に虐待する  
4位 暴力を振るう    
5位 異性関係    
     
では、これらの理由で離婚をお考えの方にとって、弁護士に依頼するメリットはどのようなことでしょうか。

弁護士に依頼するメリットの1つ目は、交渉を代理してくれることです。弁護士が、離婚すること自体、そして子の親権、養育費、財産分与など離婚に関わる問題の交渉をご本人に代わって行います。
精神的虐待を受けている方や暴力を振るわれている方が、自ら相手方配偶者に対して離婚や養育費、財産分与を求めて交渉するのは容易ではありません。
弁護士に依頼すれば、ご本人の代理人としてすべての交渉を行いますので、ご本人は相手方配偶者と一言も話さず離婚を進めることも可能になり、精神的にも非常に楽になります。

弁護士に依頼するメリットの2つ目は、早期に離婚することが期待できることです。
例えば、性格が合わないことを理由に離婚したい場合、相手方配偶者が離婚に応じてくれればすぐに離婚できますが、応じてくれないときは、不貞や暴力といった民法上の離婚原因がないため、通常、すぐに離婚することは難しいといえます。
もっとも、弁護士に交渉を依頼すれば、やがて相手方配偶者も諦め、離婚に応じることも多いですし、相手方配偶者も弁護士を付ければ、より早期に離婚がまとまることがあります。

そして、弁護士に依頼するメリットの3つ目は、できる限り有利な条件で離婚をすることができるようになることです。早期に弁護士に相談することにより、どのような証拠を集めておけば有利に離婚を進めることができるかアドバイスを受けることができますし、もし相手方配偶者の不貞が離婚の理由であれば、不貞の相手方への慰謝料請求の進め方も併せてアドバイスします。
また、財産分与において、不動産や退職金など金額が大きい財産がある場合は、その評価方法如何によっては財産分与の額が百万円単位で変わることがあります。ご本人のみでは、財産の評価方法が適正かどうか、判断することは難しいでしょう。

その他にも、弁護士に依頼するメリット、あるいは依頼しないデメリットは、様々な場面でありますので、離婚でお悩みの方には、まず弁護士に相談されることを推奨します。
そして、弁護士に相談、依頼されるのであれば、やはり専門性が高い弁護士がいいでしょう。
当事務所は、離婚事件を多数受任しており、依頼者の利益を最大限実現できるようサポートいたします。

バナー等