離婚で弁護士をつけるべき理由・タイミング

  

1 まずは相談することが出発点
最近、離婚したい理由として多いのが配偶者のモラハラです。
モラハラは、家庭内で起きるため、周りからは見えませんが、離婚を多数扱うようになってから、配偶者のモラハラで悩んでいる方は相当多いらっしゃるように感じます。

モラハラで苦しんでいる人は、もともと我慢強く、自分で解決しようとしがちな性格なこともあり、「自分が悪いのではないか」とか、「夫婦喧嘩の話はよくきくから、他の家も似たようなものではないか」などと考え、周りに相談しない人も多いように思います。

しかし、離婚を考えるほど苦しんでいるのは、特殊な状況と考えた方がよいです。
また、離婚を考えるほど苦しんでいる人は、客観的には悪い点はなく、相手のモラハラ的言動が悪いという場合が多いです。家庭内のことなのでまだ夫婦間のモラハラの実態が世間一般に理解されているとはいえませんが、酷いモラハラは学校や職場のイジメと同じです。肯定されるものではありません。

ですから、相手の言動によって、離婚を考えるほど苦しんでいる場合は、第三者に相談することが大事です。

そして、モラハラ夫・妻は、他の人とは違う特殊な人であり、普通の考え方が通用しないところがありますので、弁護士に相談することが必要です。

2 モラハラ離婚で弁護士をつけるべき理由・タイミング
相手のモラハラで離婚をする場合、まずは別居を検討すべきです。

そして、離婚を決意しているのであれば、別居前に弁護士に依頼することをお勧めしています。

モラハラで別居を考えている人は、別居すると、相手が「すごく怒るのではないか」「何をしてくるかわからない」といった不安や恐怖を抱いている人が多いです。
そのため、別居前から、別居に向けた段取りを考える必要があります。
当事務所で別居前から依頼を受けたケースで、別居に至る過程で相手が暴力的な行動に及んだという事例はありません。

また、別居後、相手と、離婚条件について交渉が必要になりますが、モラハラの事案では、相手と話すこと自体が多大なストレスであり、また、それまでの相手との力関係から、不利な交渉を強いられ、最終的に納得いかない離婚条件での合意を強いられるおそれがあります。
さらに、モラハラに限りませんが、相手との交渉は、多くの貴重な時間や労力をとられてしまいますし、知識がないために知らないうちに不利な合意をしてしまうといったおそれもあります。

このようなおそれを、弁護士に依頼することで、すべて解消することができます。

3 早い段階で依頼しても発生する費用は同じ
当事務所では、別居前から依頼しても、別居後に依頼しても、発生する弁護士費用は同じです。
そして、モラハラ離婚では、相手との離婚を進めるのに、弁護士をつける必要性が高いです。

そうだとすれば、離婚を決意したら、別居前の早い段階で、弁護士に依頼することがお勧めです。
いざ別居をしようとすると、別居することを相手に伝えるべきかとか、何を持ち出してよいかとか、別居前に相手の財産を調査する必要があるかなど、色々なことが気になります。

一度弁護士に依頼すれば、そういったことをいつでも相談できるようになりますので、別居前の早い段階で依頼することをお勧めしています。

①離婚事件と弁護士

③離婚協議で弁護士をつけるべき理由

④離婚調停で弁護士をつけるべき理由

⑤婚姻費用に関し弁護士をつけるべき理由

⑥今すぐ離婚したい方へ

バナー等

  1. 電話番号 0593515350

    平日 9:20~17:00 夜間・土日祝日応相談